新着情報 (八千和工房)

紫イモのドーナツがおすすめ!毎週水曜日は製造直売の日です

八千和工房

みなさん、こんばんは。ここ数日、寒い日が続いており薄手のコートやダウンベストをタンスからひっぱりだした方も多いのではないでしょうか?すでに10月も下旬に差し掛かり、秋から冬へ季節が移っていくようです。

 

秋の定番、栗やカボチャの商品が終わり、おイモやメープルなどを使った商品が顔を出してくる時期です。製造直売でも紫イモの焼きドーナツを販売していますが、この時期に温かいお飲み物と合わせていただくとぴったりです。ほんのり感じるおイモの香りと優しい甘さが人気の秘密で、一番リピーターの多い季節品が実はこちらの紫イモの焼きドーナツです。栗、カボチャ、紫イモ、この3種類は季節限定商品となっておりますので、お見逃しなくお試しください!

 

それでは、今週のラインナップです。

 

シフォンケーキ

 

焼きドーナツ(プレーン、ショコラ、ラムレーズン、クルミ、栗、紫イモ、カボチャ、パイン)、レモンのスポンジケーキ、栗のムース、ココアのロールケーキ、メープルのシフォンケーキ(カットサイズ・200円)、コーヒーマーブルのシフォンケーキ(小型ホールサイズ・500円)

 

以上です。

 

今週は、カットサイズのメープルのシフォンケーキを販売いたします。シフォンケーキは直売では販売個数が少ないこともありすぐに売り切れてしまうので、明日はカットサイズをご用意してなるべくたくさんの方々にお召し上がりいただけるように販売いたします。写真にも添えてありますが、ちょっとひと手間、生クリームを添えてお召し上がりいただくとよりおいしくお召し上がりいただけます。明日は、カットサイズのメープル、ホールサイズのコーヒーマーブルのシフォンの2種類をご用意してお待ちしております。

 

先ほどご紹介しました紫イモの焼きドーナツの原料になっている紫イモですが、アントシアニンというポリフェノール(ブルーベリーにたくさん含まれているポリフェノール)がたくさん含まれているために紫色になるのですが、実は、この紫イモの詳しい来歴はよくわかっていません。日本では、馬鈴薯(いわゆる一般的なサツマイモ)が一般的で鹿児島や沖縄など南の地方では、この紫イモが一般的だそうなので、どこか暖かい(暑い)国が起源なのかもしれません。どなたか知っている方がいればおしえてください!

 

紫イモの謎はひとまず置いておきまして、明日も皆様のお越しを心よりお待ちしております!

 

PAGETOP